終わったら インポ

オナキン生活が終わったらどうなる?インポになるってウワサは本当か

オナキン終了

 

僕のオナキン生活も後半に差し掛かってきました。
刺激もなく、穏やかな時期でした。
もうオナキン卒業してもいいかな、と思えるまでについてお話したいと思います。

 

・50日目〜100日目
この頃は体の変化も落ち着いてきていました。
体からエネルギーが満ち溢れて、ポジティブシンキングの状態なので、フルマラソンにチャレンジしようかな、と思える気分です。
僕はこの時期に仕事のキャリアアップに役立つ勉強を始めました。
その理由は2つあって、
「このポジティブな状態を活かしてさらに飛躍したい」
という前向きな理由と
たまに訪れる性欲を紛らわせたいからでした。

 

結局50日過ぎても性欲の波は訪れます。
性欲の波をコントロールすることは上手になったので、そのことで苦しむことは無くなりました。
この頃は「オナニーすることが無駄」とさえ思っていたフシがあります。

 

普通にエロコンテンツを見れば欲情するだろうということは分かっていても、あえてそれをしない感じです。
そんな考え方になったので、オナキンをやりきった感がありました。

 

「オナキン卒業とその後」
僕の場合は最初から100日オナキンするという目標をたてていたので、100日目を待って、オナキンから卒業しました。

 

オナキン後初の射精はそれは気持ち良かったですよ!
感動が大きすぎて、10代の頃を思い出しました。
大人になると感動が薄くなりますよね。
この歳になって、オナニーしてこんなに気持ちよくなるとは思いませんでした。

 

よくオナキンをするとインポになるとか言われていますが、僕の場合そんなことはありませんでした。
気持ちも体も若返ったせいか、勃起する時の勢いがそりゃすごいです。

 

まとめになりますが、オナキン生活で僕が得たことは
・オナニーする感動がよみがえった
・女の子と気軽に話せるようになった
・体重が2キロ減った
・顔がギトギトしなくなった
・キャリアアップの勉強をやる気になった
・自己コントロールができるようになった

 

です。
僕にとって自己啓発本を読むよりも、あきらかに目に見える効果のあるオナキンでした。
お金もかからず、途中で挫折してもやり直せるオナキンは一度は試してみる価値があると思います。