オナニー 記録

世界は広い!オナニー世界チン記録!

記録

 

世界には様々な記録というものが存在します。
実は、オナニーに関する世界記録というものもあるのです。
しかもアメリカではオナニーにまつわる世界大会が開かれています。
そんなオナニーにまつわる、世界チン記録をご紹介します。

 

 

◆オナニー世界大会
アメリカはサンフランシスコ。
アダルトショップの「グッドバイブレーション」というお店が、毎年5月をオナニー月間と定めました。
この取り組みに興味をいだいた、クイーン博士とローレンス博士の2人によって、オナニーの世界大会「マスターベーソン」という大会が開催されることになりました。
この大会はオナニーに関する知識を深め、オナニー対する負のイメージを払拭するために催されています。
どんな試合があるかというと、オナニーの射精時間を競ったり、1日の最高回数を競ったり、射精時の精子の飛距離を競ったりと様々です。
そんなマスターベーソンの偉大な記録を紹介します。

 

 

◆オナニー耐久最高時間
オナニーでイクまでの最高記録を争ったこの部門。
世界記録を保持しているのは何と日本人です。
2009年の大会で9時間58分という記録を打ち立てたのが、佐藤雅信さん。
この方なんと、アダルトグッズメーカー「TENGA」の取締役とのこと。
なんか、納得の記録ですね。
この佐藤さんは普段、朝から晩まで、暇があればオナニーをする生活のようです。
朝起きてオナニー、彼女とテレビを見ながらオナニー、お風呂に入ってオナニー、とオナニー漬けの日々。
そんな努力の甲斐あって、オナニー耐久最高記録、9時間58分という記録を打ち立てたそうです。

 

 

◆オナニー射精最高回数
1日のうちに何回イクことができるかを競った部門です。
この世界記録は、2008年にアメリカのマイケル・ハリプレムさんが9時間で31回という記録を打ち立てています。
これは1時間に3.4回もイッた計算になります。
また、参考記録として7時間で28回という記録を打ち立てた人もいます。
コチラはデンマークのエリザベス宮地さんという方。
7時間28回というのは1時間で4回のペースでイッた計算になります。
なんかもう果てしないですね。

 

 

◆オナニー射精飛距離記録
オナニーの射精時に、どれだけ遠くまで精子を飛ばせるかを争った部門。
世界記録は2009年にアメリカのフリント・グリーズウッドさんが打ち立てた162センチという記録。
女性の身長ほども飛ばしたことになります。
また、マスターベーソンの記録ではないですが、ホルスト・シュルツさんという方が579センチも飛ばしたという記録も残っています。
5メートルって車2台分くらいあります。

 

 

オナニーって奥が深いですね。